かざか証券の信用口座開設完了

Pocket

先日の記事で紹介したかざか証券の1日定額手数料プラン「ワン・トレ」導入に伴い、私も信用口座再開設の準備を進めていましたが、このほど無事に開設されて資金移動も済ませました。

夏休み期間だったので少々時間がかかりましたが、資金の移動も先週の夏休み期間を利用して実施することができました。ただ残念なのは、この新しい1日定額手数料の利用開始日が来週の月曜日(9/3)からだったことです。それまでは通常の約定毎の手数料が適用されるので、自動売買で多銘柄を手掛けてしまうと割高な手数料になることが予想されます。

したがって、今週1週間は静観して来週からの利用開始とする予定ですが、NYが大幅安等で全面安で始まるような荒れた日には、突っ込み買い候補の中から金額の大きい銘柄を選んで手動発注で拾うことも考えてスタンバイしています。今日は早速そうした事態になったのですが、全体信用枠に余裕があり緊急出動はありませんでした。

Pocket

休暇時のトレードまとめ

Pocket

夏休みの休暇を終えて昨日からトレード生活に復帰しています。(とはいえすぐ週末でまた休んでいますが) 休暇中は午前中は読書、午後は森の空気をいっぱいに浴びて適度に疲れて帰ってからの温泉、としっかりリフレッシュすることができました。その一方でトレードについても休暇中とは思えない好成績を残すことができて非常に満足しています。

続きを読む…

Pocket

来週のトレード予定

Pocket

日経平均が暴落といって差し支えない下げ幅(874円安)となった昨日ですが、昨晩のNY市場はFRBによる公定歩合の緊急下げによって一転大幅反発で引けました。こうした状況で来週は夏休みをとる計画となっているので、その間のトレード対応を考えてみました。

専業トレーダーになってから夏休みは毎年2回に分けてとるようにしているのですが、今年は1回目が参議院選挙直後、2回目が暴落直後とまったくタイミングが悪くて困ります。ですが長くトレードを続けていくうえでリフレッシュすることも大事だと思うので、当初の計画通り出かけます。ただ休暇中でも最低限の労力でトレードは続けたいと考えています。

デイトレードは前回失敗に終わった無人状態での完全自動売買に再挑戦します。毎年夏休みに挑戦していることで本来ならば複数台のマシンを動かしていく段階ですが、前回その準備段階として入れ替えた新マシン1台のみを動かして失敗したことと、現在の相場局面を勘案して今回も1台のみを動かすようにして不具合の改善を実施しました。

それに加えて、とりあえずの底打ちからのリバウンド入りを想定して機械的なスイングトレードも実施してみようと思います。具体的には午前11時から12時までをトレードタイムとして、前引けの株価をチェックして後場寄りと大引けに分けて携帯電話等で手動発注するプランです。ちょうど昨年12月の入院時のトレードを再現する格好です。

山にこもるのでインターネットのダイヤルアップ接続環境に不安があって複数の接続手段を用意して行くつもりですが、毎年利用している定宿なので何とかなるでしょう。とりあえず週末のNYが急反発してくれたおかげで、昨日勇気を持って仕込んだ持ち越し玉は報われそうで、不安な気持ちで旅行に出かける事態は避けられたとホッとしています。

Pocket

デイトレード成績(8/16)

Pocket

本日の日経平均はNY株が下げ止まらないことから昨日に続き大幅安で始まり、後場には一時16000円を割り込んで前日比-600円を超える場面もありました。引けでは16000円を回復して下げ幅も-300円台まで縮小しましたが、世界的な株安の連鎖に歯止めがかかっていない状況です。

続きを読む…

Pocket

現在利用中のオンライン証券と手数料水準

Pocket

先日の記事の続きになりますが、専業トレーダーにとって各社の手数料水準が非常に重要になってきますが、現時点で私が実際に資金を入金してトレードをしているのは以下の6社になります(現時点で資金の多い順)。

・ジョインベスト証券
・コスモ証券
・立花証券
・SBIイー・トレード証券
・楽天証券
・オリックス証券

毎日これら6社すべてで取引があるとは限りませんが、これら6社の総手数料は現状で1日5千円から1万円程度になるようです(自サイト参照)。昨年の今頃までは上記とは違った証券会社の構成で、手数料のトータルは1.5万円程度に達していたことを考えると、実にそこから半分の水準にまで低下しています。

平日に毎日トレードをしていることを考えれば、そのメリットがいかに大きいかお分かりいただけると思います。仮に年間200日のトレードだとして1日1.5(従来平均)-0.75(現在平均)=0.75万円の手数料ダウンだとすれば、200*0.75=150万円ものメリットがあるのです。

現在のトレード規模でもうこれ以上の手数料水準低下は難しいかとも思っていましたが、今回のかざか証券の新手数料を利用して資金バランスを適切に見直せば、もう少し手数料水準を引き下げることが可能になりそうだとみています。具体的には最大でも1日の手数料を5千円程度に抑えることを目標に動いてみようと思います。

Pocket

質問への回答です

Pocket

今回は自動売買(無人売買)に関していただいた質問に回答します。

続きを読む…

Pocket

気になる個別株の荒い値動き

Pocket

SQ通過後の本日の日経平均は、NY株がまた大幅安となったことから17000円を大きく割り込んで始まり、その後も大幅な安値圏で推移しました。

本日のトレードはスイング決済の損失をデイトレで補って利益を出す目論見通りの展開だったものの、利益も損失も普段より大きめで出入りの激しいトレードとなって総利益は伸びず結構疲れました。私がトレードをしていて特に気になったのは、昨日(8/9)の動きです。日経平均は前日のNY高から堅調にプラス圏で安定的に推移していたものの、個別株の動きは必ずしもそれに一致していない印象が非常に強かったのです。具体的には普段落ち着いた動きをしている監視銘柄の中にも出来高を伴って急落する銘柄が散見されました。

逆に一部の銘柄には同じく出来高を伴って急伸する銘柄もみられました。この傾向はSQ通過後の本日も感じられ、昨日の反動という見方もできるかもしれませんが、それだけ昨日・今日の動きは印象に残りました。夏休みをとる投資家もいる中で閑散としてもいいはずのこの時期の動きだけに気になるのですが、私のような個人投資家にはまったく理由は分かりません。普段より大きな資金面の動きがあったのではないかと漠然と考えています。単なる一過性の出来事だったのか、何か大きな動きの前兆だったのか、来週の相場に注目しており、引き続きデイトレード中心に対応するつもりです。

Pocket

かざか証券の1日定額手数料

Pocket

かざか証券は旧社名ライブドア証券で、私は旧社名時代に3ヵ月分の定額手数料を支払えばほぼ無制限にトレードが可能な「プレミアムトレードパス」を利用して1年間ほど取引をしていました。その後、この制度が見直しとなったのを機に昨夏の旅行用として運用していた同口座から全額引き出して以降は取引していなかったのですが、同社のホームページによれば新しい1日定額手数料プラン「Oneデイトレーディング・チケット(ワン・トレ)」がスタートするようです。

続きを読む…

Pocket

無人売買は散々

Pocket

夏休みをとっている間はPCの電源を入れたままの無人売買を実施することにしています。専業トレーダーには有給休暇がなく、休んだ日は無給(無収入)となってしまうため、これを少しでも補う目的で数年前から取り組んでいるのですが、今回は門前払いといっていい散々な結果に終わってしまいました。

続きを読む…

Pocket

今月はデイトレに注力予定

Pocket

今週前半は夏休みをとっていました。選挙直後で相場の流れが大きく変わりかねない大事な時期に休むのは不本意だったのですが、以前から計画していたスケジュールに1週間後倒しとなった選挙が重なってきた格好でどうにもならず、早々に投票を済ませて出掛けました。

数日間とはいえ土日以外にトレードを休んでしまうと勘が鈍ってしまいます。週後半に復帰したものの、どうも感覚がつかめずに安全運転に終始しました。しかも週末のNYは大幅安で、来週はSQもあるため引き続き不安定な動きになりそうです。

ここ何ヶ月かはスイングトレードが好調で全体利益を押し上げてもらっていたのですが、最近のNYの状況が上げ幅よりも下げ幅の大きさが目立つようになってきており、安易に大量に持ち越せない雰囲気を感じています。休んだことで勘が鈍ってしまったこともあり、予想される動きの荒さから今月はデイトレの方に注力して頑張ろうかと考えています。

Pocket