大納会

Pocket

大納会の日経平均終値は15307円で、昨年末に比べて1900円ほど下落しました。それを象徴するかのように今日もズルズルと値を下げる展開で先行きに不安の残る格好となりました。

個人的には1年前の入院・手術を乗り越えて専業トレーダー生活に復帰することが出来ました。1年間健康に暮らせただけでもありがたいのですが、トレード成績は尻上がりに伸びて今月は月間ベースでこれまでで最高水準を記録しました。

来年もどういった相場になるのか不透明で予想が難しいですが、今年でデイトレ+スイングで短期値幅とりに徹するスタイルが確立できたので、どんな相場展開でも自分のペースを守って淡々と、かつさらなる向上心をもってトレードしていきたいと思います。その一環でこのブログでも逐次状況を書いていきますので、今後ともよろしくお願いします。

Pocket

年末年始用の資金引き出し

Pocket

専業トレーダーなので定期的に証券口座から生活費などを引き出しています。月末月初は銀行引き落としも多いので引き出し額も増えますし、しかも年末年始ということで多めに引き出そうと考えていました。以前の記事で書いたように複数のオンライン証券でトレードをしており、その中でデイトレードとスイングトレードに大活躍のジョインベスト証券がこの月末月初用の引き出し担当に定着しています。

今週初めに引き出し指示をしようと思ったのですが、引き出し可能額がゼロでした。どうやらスイングトレードの持ち越し額が多かったことに加えてデイトレードも活発だったので資金を目一杯使ってしまったようです。幸い他のオンライン証券に十分な引き出し余力があったのでそちらで対応し、ジョインベスト証券も今日現在で引き出しは可能となったので事なきをえましたが、少し余裕を持って出金するように心掛けたり、常に出金余力に気を配るなどの注意が必要だと感じました。

今月はスイングトレードが絶好調で必然的にジョインベスト証券の資金もいつも以上のペースで増えており、ここでの信用余力はかつてない高水準に達しています。これまでは同じようなペースで淡々とやってきましたが、増加したこの余力を有効に活用したい気持ちもあるので年末年始の休みを利用して検討してみるつもりです。

Pocket

メインPCの入れ替えを実施

Pocket

この連休を利用してメインPCの入れ替え作業を実施しています。年末年始にしようかと思っていたのですが、年始から混乱するのも嫌だったのでこのタイミングで実施して年内に問題点をクリアしておくことにしました。

PCの話題が多くて恐縮なのですが、決して好きなわけではないもののオンライントレードには欠かせないアイテムとして注力しています。初めてPCに触れたのは25年以上も前のことになりますが、それから5年ほどして株式投資に出会って以降は一貫してほぼ株式投資目的のみに特化して使っています。

続きを読む…

Pocket

デイトレード成績(12/20)

Pocket

本日の日経平均は前日よりやや高く始まって前場はプラス圏で推移したのですが、後場には失速してしまい一時マイナスに転じたものの引けではかろうじてプラスとなりました。

先週から目立った反発もなくズルズルと下げてきていますが、そのせいかデイトレードは比較的活況です。昨日も今日もNY市場が大きく動かないので本来はエントリー銘柄が少なくて苦戦するパターンなのですが、なぜかそれに反して約定銘柄が多くて今日は40を超えてきました。

続きを読む…

Pocket

マーケットスピードVer.6.3がリリース

Pocket

徳山式デイトレード(個別株の自動売買システム)に必須のツールである楽天証券のマーケットスピードのVer6.3が週末にリリースとなっています。今回はリアルタイムスプレッドシート(RSS)のバージョンアップはないようです。

前回Ver6.1からVer6.2へのバージョンアップは日経平均先物の「イブニングセッション(夕場取引)」への対応がメインでしたが、今回はこうした目玉はなく、自動アップデート機能の搭載とパフォーマンスの向上という比較的地味な内容となっています。

早速数台のPCにインストールしてみたのですが、インストールの様子がこれまでと違っていました。来春リリースを予定というメジャーバージョンアップ版「マーケットスピードVer7.0」を睨んだ自動アップデート機能の影響なのでしょうか。あとはもう一つのパフォーマンスの向上に期待しており、効果が感じられるようなら他のPCにも一斉に展開していこうと考えています。

Pocket

メジャーSQを通過

Pocket

メジャーSQ通過後の本日の日経平均は昨日の大幅安から立ち直ることが出来ずに前日終値を挟んだ上下動となりました。今週は総じて軟調な展開でNY市場以上に弱いのではいう印象です。先週はSQは16000円の攻防かと考えていたのに実際には15500円に下がってしまい、さらにSQ通過後も反発が鈍かったことで上値の重さを感じています。

今週も疲れましたが年内の相場も残りわずかですので頑張っていきたいと思います。昨年の今頃は手術を終えた直後でベッドの上でした。幸いその後の経過は良好で最新の検査結果でも異常はなく、1年を無事に経過したことで転移・再発のリスクが少しは低下したと思われます。今後も検査は続けていかなければなりませんが、これまでよりは間隔を広げることが出来そうです。

Pocket

投資金額別のスイングトレード成績

Pocket

先日紹介した投資金額別のデイトレード成績に続き、今回はもう一つのトレードの柱であるスイングトレードの投資金額別成績の紹介(先月分まで)です。

投資金額別スイングトレード成績

スイングトレードの日ごとの投資金額(持ち越し額)を(1)2.5百万円まで、(2)5百万円まで、(3)7.5百万円まで、(4)10百万円まで、(5)それ以上に分類して、月ごとに回数と損益額を集計しています。デイトレードを主力にしていることもあり、(5)10百万円を超える持ち越しはなく、(4)もごくわずか、大半が(1)という結果でした。

ポイントはデイトレードの時と同様に最後の行にある各カテゴリーの構成比で、投資金額が多い方が回数の構成比に対して損益額の構成比が高いポイントになっていることです。このことから多めの投資金額が有利なようですが、さらに分かりやすくするために最下段に各カテゴリーの1日あたりの平均損益額を出してみました。

こうしてみるとリスクはあるものの、ある程度の持ち越し額をキープすることで高水準の利益が得られるようで、それは今回集計に含めていない12月の成績でも顕著にあらわれています。今後の標準的な持ち越し金額を考えるうえで参考になりそうです。

Pocket

スイングトレードが好調

Pocket

先月から後場に仕込んで翌寄りで決済する持ち越しトレード(スイングトレードと呼んでいる)が好調で、主力のデイトレードを大きく上回る利益をあげる日が目立っています。特にやり方を変えたわけではなく、内外の株式市場が先月大きく下げてから持ち直し気味になっている地合いが大きいと考えていますが、以前より注力して取り組んでいる面もあるかもしれません。

対象銘柄はデイトレードの監視銘柄の中から前引け時点で人気化することなく落ち着いているものをピックアップしています。もともと入院中のトレードという制約された環境の中で実施した名残で、後場寄りと大引けに分けて機械的に仕込んでいましたが、最近は後場も時間があるのでじっくり眺めて突っ込みを拾うことも目指しています。これは専業トレーダーになった2001年から数年間実施していた手法への回帰で、専用のパソコンを増設してオンライントレーディングツールで動きをウォッチできるようになっています。

デイトレードに比べて持ち越すことによるリスクはありますが、そうした事態はすなわちデイトレード活躍のチャンスでもありスイング決済で損失となってもデイトレで取り返せると考えています。また人気圏外の銘柄の安いところを拾うように心掛けているので、翌日のギャップダウン時の損失よりもギャップアップ時の利益の方が大きいようで、この部分でも「損小利大」になっているようです。

さらに多銘柄に分散してエントリーすることでトータルで安定した利益を目指すという徳山式デイトレードと同様のポリシーが盛り込まれているのですが、後場全体がズルズル下げる展開だと仕込む銘柄が多くなりがちという傾向に気づきました。直近の金曜日がその展開だったのですが、やはり銘柄数は多くなっており、ちょっと対策を考える必要があるかなと感じています。

Pocket

投資金額別のデイトレード成績

Pocket

これまでに膨大なトレードデータを集計してさまざまな分析をしていますが、今回は投資金額別のデイトレード成績の紹介(先月分まで)です。

投資金額別デイトレード成績

毎日のデイトレード投資金額を(1)2.5百万円まで、(2)5百万円まで、(3)7.5百万円まで、(4)10百万円まで、(5)それ以上に分類して、月ごとに回数と損益額を集計しています。

ポイントは最後の行にある各カテゴリーの構成比で、投資金額が多い方が回数の構成比に対して損益額の構成比が高いポイントになっていることです。このことから多めの投資金額が有利なことが裏付けられました。したがって出来るだけ投資金額を増やしていきたいのですが、エントリー条件を満たさないのに無理やり仕掛けても難しいと思うので簡単ではありません。今後もこうしたデータ分析を続けていきます。

Pocket

さらなるパソコン増設準備

Pocket

先月の記事でスイングトレード用のパソコンを増設したことを書きましたが、この週末でこれをさらに増設する準備をしました。

スイングトレードの仕込みは後場にリビングルームに場所を移して実施していますが、この部屋は無線LANでトレーディングルームの機器とつながっています。これまではMax.2台の設置に限られていたのですが、これを4台まで可能にしました。すでに2台がフル稼働しているためで、すぐに3台にするかどうかは分かりませんが、必要があればすぐに増設できる状態となりました。

今年もあと1ヶ月足らずとなりました。株式市場の先行きは相変わらず不透明ですが、ラストスパートで有終の美を飾りたいものです。

Pocket