本日(3/14)のデイトレード

Pocket

NY大幅安から大きく突っ込んで始まった本日の日経平均ですが、目立った反発もなくズルズルと下げて3/5の安値に接近して引けました。今日のデイトレード対応について、佐枝子さんの前記事コメント内の質問に回答するかたちで解説します。

 さて、本日、NY株安を受けて日経平均は500円以上の大幅ダウンとなってしまいましたが、やはり今日も手動発注オンリーだったのでしょうか? またこういう日は9時10分から9時20分の時間帯において前日比+2%乖離の銘柄は少なく、-2%乖離の銘柄は多数発生したと思いますが、発注対象の乖離率を変える(例えば+1%以上乖離,-3%以上乖離の銘柄を発注する)などのパラメータ変更(とでもいいましょうか)はあるのでしょうか?

これだけのNY株安は予期していませんでしたが、正直またかという感じでした。先月末からここまでの急落を上手く乗り切ってきたので、特別対応はとらずに突っ込みからのリバウンド期待でいつも通りの手動+自動発注で臨みました。発注対象の乖離率はご指摘の通り先物の前日比水準に応じて可変とするプログラムを一部導入しています。目的は売り建て・買い建てのバランスをとるためですが、この日のように一方的なスタートだと限界があって大半が買い建てでしたが大量の約定(計44銘柄)となりました。10分間でこれだけの銘柄を手掛けるのに自動発注プログラムは必須です。

この状態で先物がある程度の戻しに入れば、これらの買い建てを順次決済していくことで十分な利益を得られるのですが、この日はあいにく戻りが鈍く10時頃には寄りの水準を下回ってきました。こうなると大量の買い建てが逆に重荷になってきます。未決済の銘柄を急いで決済する処理に追われました。

この結果、D作戦(手動)が5勝5敗、E作戦(半自動)が18勝15敗、F作戦(全自動)が1勝0敗で、3/14の粗利合計は34.9千円となりました。これだけ頑張ったにしては寂しい結果に終わりましたが、明日以降に期待したいと思っています。

Pocket

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 8年間負けなし、直近1年間で2,250万円を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【6月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間550万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1つ目の映像は昨年22銘柄のIPOを獲得している柳橋が、 IPOの当選確率をあげる具体的な方法をお伝えします。 どのようにしてIPOを獲得を攻略するのか? 映像では柳橋の事例も公開されます。

【6月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で41万円の利益を上げたセカンダリー戦略」
2つ目の映像は柳橋が最も得意としているIPOのセカンダリーについて 上場当日に実践できる投資手法をそれぞれお伝え致します。 IPOセカンダリーを習得すればIPOに当選しなくても利益をあげられます。 柳橋の事例も含めてご紹介致しますので必見の内容です。

【6月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「需給を利用して113万円の利益を上げたセカンダリー投資法」
3つ目の映像は柳橋式IPO投資法の中からセカンダリーの方法を 2つご紹介致します。業績の見直しに注目する投資手法と、 需給に注目する投資手法です。それぞれ手法を身につけることで IPOセカンダリーの収益機会が格段に増えます。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*