メジャーSQを通過

Pocket

メジャーSQ通過後の本日の日経平均は昨日回復した17000円台を終日キープして今週の取引を終えました。

SQとは毎月第2金曜日の日経225オプション清算日のことを指しますが、そのうち3、6、9、12月は日経225先物の清算日も重なるためメジャーSQと呼ばれています。ここでは先物の清算もされるので、それまでに先物を売って現物を買っていた裁定取引の解消が一気に行なわれて現物に普段見られない規模の売り物が出てくることがあると言われています。もちろん逆の傾向(現物に買い物)が生じることもあるので何とも言えないのですが、そうした極端な売り物や買い物には向かっていくことで、その後の行き過ぎの修正から利益を得ることが可能となります。

今回のメジャーSQでは現物に売り物が出るのではないかというコメントを何度か目にしました。先週からの暴落と絡めた話もあってどんなものかと思っていましたが、いずれにしても安ければ買い、高かれば売りの徳山式デイトレードのルールに忠実に従うだけです。実際にそうした売り物が出たのかどうかは分からないのですが、少なくとも寄りが売り一色になることはなく、高く始まるもの安く始まるものまちまちの状態でした。こうした状況でエントリーした銘柄数は普段より多めで40銘柄を超えました。

全体動向を見る指標として利用している日経225先物はそれほど激しい動きではなかったので、エントリーした銘柄の決済を落ち着いて進めていきました。数が多かったのでいつもより時間がかかりましたが、その分だけ利益も伸ばせて好成績を残すことが出来ました。来週徐々に相場が落ち着いてくれば残念ながら現在の実力ではここまでの成績は期待できないので、どう底上げしていくかが大きな課題です。

【3/9成績概況(粗利ベース)】
トータル損益額:93200円
勝ちトレード数:34
勝ちトレード額:+99200円
負けトレード数: 9
負けトレード額:- 6000円

【主なトレード銘柄】
8879東急リバブル・・・損益+7000円
■上記銘柄を選出した根拠・・・やや少ない日もあるが出来高が安定的なので以前より候補に採用中
■売り建て価格および根拠・・・@9470*100株(前日比2%超で寄り、9:10時点でも2%弱の水準だった)
■買い戻し価格および根拠・・・@9400*100株(全体上昇傾向なので10時前に素早く利益確保)

Pocket

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 8年間負けなし、直近1年間で2,250万円を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【6月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間550万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1つ目の映像は昨年22銘柄のIPOを獲得している柳橋が、 IPOの当選確率をあげる具体的な方法をお伝えします。 どのようにしてIPOを獲得を攻略するのか? 映像では柳橋の事例も公開されます。

【6月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で41万円の利益を上げたセカンダリー戦略」
2つ目の映像は柳橋が最も得意としているIPOのセカンダリーについて 上場当日に実践できる投資手法をそれぞれお伝え致します。 IPOセカンダリーを習得すればIPOに当選しなくても利益をあげられます。 柳橋の事例も含めてご紹介致しますので必見の内容です。

【6月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「需給を利用して113万円の利益を上げたセカンダリー投資法」
3つ目の映像は柳橋式IPO投資法の中からセカンダリーの方法を 2つご紹介致します。業績の見直しに注目する投資手法と、 需給に注目する投資手法です。それぞれ手法を身につけることで IPOセカンダリーの収益機会が格段に増えます。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 徳山さんこんにちは。
    スイングトレードの件、ご回答いただきありがとうございます。とても参考になります。
    早速で申し訳ありませんが、徳山さんが書かれていた「前引け時点で監視銘柄の中から前日比安くなっていて出来高が前日の半分以下となっている銘柄を仕込み候補としてピックアップします」というところで、もう少し教えていただけませんでしょうか。
    前日比について・・・
    前日比安くなっている銘柄とは、例えば悪材料が出て10%近く下げているような銘柄や、前日急上昇して反動で売られているような銘柄も含まれるのでしょうか?前日比何%くらいを目安にすればよいでしょうか?
    出来高について・・・
    出来高が前日の半分以下というのは、前日の前場と後場を合わせた出来高と比較してということでしょうか?
    それとも、前日の前場のみの出来高と比較してということでしょうか?
    それと、買った値段よりもさらに下げてしまうような場合は、持ち越さずに損切りした方がよいのでしょうか。その時の損切りする基準は何%くらいを目安にすればよいでしょうか。あとナンピン買いはやっぱりやめた方がいいでしょうか?
    また質問ばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

  2. 徳山秀樹 says:

    KEIKOさん、出来高は前日1日分の出来高と比べて半分以下のものをピックアップします。つまり前日のペースを上回っていないということです。材料が出て前場に大きく下げるような銘柄は出来高を伴っているものなので排除されると考えます。但しS安売り気配に張り付いているものは除く必要があります。
    何回かに分けて買うようにしていますが、最近は後場急落するケースも目立ち、引けで含み損になってしまうこともあります。そうした場合でも現状は損切りはせずに翌寄りで決済しています。NY高に助けられている面が大きいのかもしれません。いずれにせよ、あまり動きの激しい銘柄はそもそも監視銘柄に入っていないという前提です。

  3. 徳山さんこんばんは。
    材料が出ているかどうかチェックするのではなく、出来高のみで判断するということなんですね。
    出来高はとても重要ということですね。
    参考になります。
    これからも、スイングトレードに関する記事も書いていただけると幸いです。
    ご回答ありがとうございました。

Speak Your Mind

*