質問への回答です

Pocket

今回はデイトレ、スイングそれぞれ一つずついただいた質問に回答したいと思います。

最近ブログにいただいているコメントのいくつかに、何名かのコメント投稿者を激しく非難するものが見られます。これらをそのまま載せるのはできないとのことですが、このままでは掲載可否の判定に時間を費やしてしまうので当分の間コメントは一律に非公開として、コメントで質問をいただいた場合には今回のような一部抜粋形式で回答していくことにしました。せっかくコメント入れていただいている方にはご迷惑をおかけしますが、ご了承のほどお願いいたします。それでは質問への回答です。

【デイトレ】徳山式では出来高の安定度と当日の株価の乖離が条件に使われるのだが、前々日の前日の株価比についてはどこにも特記されていないのだが、これは無視しているのでしょうか?出来高に変動が無く株価だけ大きく変動する場合もあり、私は前日の前日比が2.5%~3%を超えたものも念のため除外していました。でもよく考えたらもともと安定銘柄を絞り込んでいるのだから二日連続で同じ方向に2%を超えていく可能性のほうが低いのだからむしろ前日に前日比2%を超えたもののほうが確率が高いのでは?などと考えてみました。

前々日の前日の株価比とは、前日株価の前々日比のことでしょうか?これは当日の株価データ(終値、前日比、出来高)を前日データ域にコピーする際についてくる情報で基本的に使わないのですが、前日の動き把握に役立つので参考に見ています。基本的に株価が大きく変動した場合には出来高も増えてしまうので条件から除外されるという論理ですが、確かに動いても出来高がそれほど増えないケースもあります。そうした場合はこの前々日比が大きいものを見つけて、直前に裁量で自動仕掛けリストから外すことが可能な仕組みに一応なっています。ご指摘の通り安定銘柄であれば同方向に続けて動くよりも逆方向の可能性が高そうで判断が難しいところですが、普段は「質より量」戦略であまり深く考えずにそのままエントリーしてしまうことが多く、裁量で外すのは他にふんだんに仕掛け候補があるときなどに限定されます。

【スイング】徳山さんの手法に限ったことではないのですが、この時期は決算発表する銘柄が多く、取引時間後に発表のあったものは翌朝に急落してしまっていたり、取引時間中に発表にあるものは、その場で急落するケースも見かけます。こういう銘柄を見ると、怖くてなかなか手が出せません。以前、買う前に材料が出ているものは出来高で判断するとのことでしたが、買った後に材料が出る場合もあります。(好材料ならいいんですけどね)やっぱり、決算発表があるかどうかは事前にひとつひとつ調べておく必要があるのでしょうか。また、もし自分の買った銘柄が翌日急落しているような事があった場合、どのように対処したらいいのでしょうか。

確かに決算発表で動く銘柄は、私の手法にはデイトレ・スイングとも厄介です。あまり動かないはずの銘柄が大きく動いてしまうのためですが、いちいちこれらの日程を調べることも面倒なので現状はしていません。出くわしてしまったら諦めて早めに逃げることを考えます。悪影響のこともあれば好影響のこともあって結局五分五分だろうと割り切っていますが、余裕があれば調べて損はないでしょうね。仕込む際に出来高増加ペースがやけに多いと感じたら回避するのが無難ですが、つかんでしまったらスイングでも決済時期をはっきり決めておくのがいいでしょう。私の場合、スイングは1泊2日限定で翌寄りで手仕舞うことにして前夜に発注してしまいますが、これは翌朝はデイトレに専念するためです。NYが大きく下げた時に寄りで突っ込んでその後反発してしまうと安値で売ったことになってもったいないなと感じますが、これも逆に寄り天でトクをすることもあるからイーブンと割り切っています。

Pocket

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 8年間負けなし、直近1年間で2,250万円を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【6月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間550万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1つ目の映像は昨年22銘柄のIPOを獲得している柳橋が、 IPOの当選確率をあげる具体的な方法をお伝えします。 どのようにしてIPOを獲得を攻略するのか? 映像では柳橋の事例も公開されます。

【6月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で41万円の利益を上げたセカンダリー戦略」
2つ目の映像は柳橋が最も得意としているIPOのセカンダリーについて 上場当日に実践できる投資手法をそれぞれお伝え致します。 IPOセカンダリーを習得すればIPOに当選しなくても利益をあげられます。 柳橋の事例も含めてご紹介致しますので必見の内容です。

【6月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「需給を利用して113万円の利益を上げたセカンダリー投資法」
3つ目の映像は柳橋式IPO投資法の中からセカンダリーの方法を 2つご紹介致します。業績の見直しに注目する投資手法と、 需給に注目する投資手法です。それぞれ手法を身につけることで IPOセカンダリーの収益機会が格段に増えます。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

「200万円を4億1000万円にした
                          投資手法を期間限定で公開中!」

slide1 株式投資により200万円の資金を4億1000万円にしたGomatarou氏が3回の動画でGomatarou流トレード手法を公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「200万円の資金を205倍の4億1000万円まで増やした手法」
1回目の映像では200万円の資産を4億1000万円に増やしているGomatarou氏が実践している手法の中から長年にわたって収益源としている手法ご紹介致します。映像ではGomatarou氏の3つのトレードポイントもお伝えしますので、絶対に見逃さないでください。

【11月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「合計約300万円の利益をあげた逆張り手法」
2回目の映像ではGomatarou氏が得意としている逆張りトレードについてお伝えします。映像では東芝株の急落を利用して数日間で48万円の利益をあげた事例をご紹介します。

【11月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「ストップ高を狙って合計330万円の利益をあげた方法と資金管理」
3回目の映像では短期間で大きな収益を狙うことができるストップ高を利用したトレード方法についてお伝えします。また、資産を200万円から4億1000万円まで増やした「Gomatarou流資金管理法」についてもお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*