質問への回答です

Pocket

今回は寄せられた2つのご質問に回答します。

D作戦、E作戦、F作戦でそれぞれ10~15銘柄に仕掛けているようですが、作戦をまたがって銘柄がカブることもあるのでしょうか?それとも作戦ごとに監視銘柄が違うのでしょうか?

D作戦、E作戦、F作戦とは、私が個人HPでずっと記録しているトレード成績の分類名です。E作戦がオリジナルの徳山式デイトレードで、80銘柄を1セットにしたExcelブックを複数準備して監視・自動発注をしています。F作戦はエントリーのロジックを一部改良して順張り的な要素を採りいれたタイプで、新たに40銘柄を1セットにしたExcelブックを開発して監視・自動発注をしています。そしてD作戦は主にE作戦のシグナルを見て手動で発注する方式ですが、これも実際にはExcelブックに発注したい銘柄コード等を入力すれば時間になると自動発注する仕組みになっていて、銘柄選定だけ手動でする感じです。

つまりD作戦とE作戦は同一の監視銘柄ということになります。E作戦とF作戦は正確に把握していませんが何割かは重複しています。このため重複してエントリーする銘柄は毎日のように出てきますが、同一銘柄で両方向に建ててしまうことはありません。重複することはそれだけ好条件なので厚めに仕掛けることを目論んでいるのですが、実際にはシグナルが少なすぎて重なってしまうことも少なくないようです。

「後場寄りから大引けにかけて2~3回に分割して仕込む」「先物の動きを見ながら板画面を見て安いと思われるところを拾う」とのことでしたが、今回のように日経平均とは逆に安くなってしまう場合でも買い足した方がいいんでしょうか?また、板画面がどのような状態の時に買いを入れればいいんでしょうか?

これはスイングに関する質問ですが、スイングの監視銘柄は上述のデイトレと同一です。したがって出来高が安定していて独自の動きをしないというのが前提です。こうした銘柄は後場は退屈なくらい動かないことが多いので、目が離せないほど動くような銘柄は対象外とすべきと考えます。というのも私の場合、後場はリビングルームに移動して1台のパソコンに監視銘柄をマーケットスピードに登録して、リラックスしてテレビ番組などを見ながらチラチラと先物の動きと個別株価を見ている程度なので、大きく動く銘柄はとても扱えません。

株価的にはOKでも、前場の時点で出来高が前日を上回っているようなものは除外することでより確実に絞り込めると考えていますが、決算発表や突発的な悪材料等で急落する可能性を完全に排除することはできないでしょう。これまで途中で投げたくなるくらいの急落に見舞われたことはないのですが、含み損となっていても引けで買い増して購入単価を下げるようにして翌日の反発に期待しています。また銘柄を分散して1銘柄あたりの投資金額を限定することで、こうした急落銘柄の影響をトータルで吸収できる可能性も出てきます。1単元の投資金額が10万円前後の銘柄で1回に1~2単元を複数回仕込むというのが気楽に実践できる印象です。

板画面の見方については私も教えて欲しいくらいなのですが、上述との関係で急に厚みを増す(各気配の数量が増える)場合は出来高急増となる可能性もあるので要注意と考えている程度です。

Pocket

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 8年間負けなし、直近1年間で2,250万円を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【6月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間550万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1つ目の映像は昨年22銘柄のIPOを獲得している柳橋が、 IPOの当選確率をあげる具体的な方法をお伝えします。 どのようにしてIPOを獲得を攻略するのか? 映像では柳橋の事例も公開されます。

【6月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で41万円の利益を上げたセカンダリー戦略」
2つ目の映像は柳橋が最も得意としているIPOのセカンダリーについて 上場当日に実践できる投資手法をそれぞれお伝え致します。 IPOセカンダリーを習得すればIPOに当選しなくても利益をあげられます。 柳橋の事例も含めてご紹介致しますので必見の内容です。

【6月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「需給を利用して113万円の利益を上げたセカンダリー投資法」
3つ目の映像は柳橋式IPO投資法の中からセカンダリーの方法を 2つご紹介致します。業績の見直しに注目する投資手法と、 需給に注目する投資手法です。それぞれ手法を身につけることで IPOセカンダリーの収益機会が格段に増えます。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*