デイトレードの売り・買いバランス

Pocket

前回の記事で書いたスイングトレードに押され気味のデイトレードですが、こちらの現状と今後の巻き返し策について簡単に書いてみます。

安定した動きを続ける銘柄を対象にスタート直後の動きに逆張りで仕掛けるのが徳山式デイトレードの基本ですが、試行錯誤を重ねて自動売買プログラムを改良することでかなり柔軟なエントリー対応が可能になっています。

もともと厳密なルールを設定することで自動売買に乗せることを目指してきましたが、それが実現した現在は次のステップに進み、それを徐々に実現しつつある段階と考えています。そのベースにあるのがエントリー数が不足しがちなことへの対応で、そのために二つのアプローチが存在します。

一つはエントリー条件の緩和で、これは従来の自動売買システムの枠内での対応で、ここでほぼ売り・買いのバランスをとれるようにしています。もう一つは別ロジックでの対応で、先物の方向性が明確なときにその方向に限定して別条件でエントリーすることで、仕掛けトータルでは強く始まれば買い建て、弱く始まれば売り建てがむしろ多くなるバランスとなっています。

これらの施策により、「質より量」、「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」を基本としつつ、当初の攻守バランスを整えることを目指しています。例えば強く始まる日には、売り建ては攻め、買い建ては守りと考えて布陣を組むのですが、多くの要素があるので簡潔に表現することはできません。いずれにせよ、最適なフォーメーションをその日の状況によって自動的に組むのが現在の取り組みです。

Pocket

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 8年間負けなし、直近1年間で2,250万円を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【6月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間550万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1つ目の映像は昨年22銘柄のIPOを獲得している柳橋が、 IPOの当選確率をあげる具体的な方法をお伝えします。 どのようにしてIPOを獲得を攻略するのか? 映像では柳橋の事例も公開されます。

【6月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で41万円の利益を上げたセカンダリー戦略」
2つ目の映像は柳橋が最も得意としているIPOのセカンダリーについて 上場当日に実践できる投資手法をそれぞれお伝え致します。 IPOセカンダリーを習得すればIPOに当選しなくても利益をあげられます。 柳橋の事例も含めてご紹介致しますので必見の内容です。

【6月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「需給を利用して113万円の利益を上げたセカンダリー投資法」
3つ目の映像は柳橋式IPO投資法の中からセカンダリーの方法を 2つご紹介致します。業績の見直しに注目する投資手法と、 需給に注目する投資手法です。それぞれ手法を身につけることで IPOセカンダリーの収益機会が格段に増えます。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*