質問への回答です

Pocket

今回はスイングトレードに関していただいた質問に回答します。

「ザラ場発注では不出来引成りの執行条件をつけています」とのことですが、例えば後場寄りに買って含み益になっている場合とかでも大引けで買い増しするのでしょうか。もし、そうだとすると購入単価が上がってしまい不利になることもあると思うのですが・・・。

後場にザラ場を見ながらのスイングトレードが可能なときは、狙った銘柄を数分割して丁寧に仕込むようにしています。1銘柄あたりの投資金額は50万円から100万円を目安に考えています。(自信がないともう少し抑えてしまいますが。)トータルでどのくらいの金額を持ち越すかをイメージしながら仕込んでいるので、個々の平均単価にはとらわれずに機械的に発注しています。むしろ含み益の時よりも含み損の方が買い増しに若干抵抗を感じています。

徳山さんは別ブログでトレード結果を公開されていますが、そこにある決済数というのは、銘柄数のことでしょうか?なぜこのようなことを聞くのかとういと、私のやり方が悪いのかもしれませんが、出来高が前日より少なくて、前場で売り込まれて安いと思うような銘柄が、なかなかそんなに見つかりません。あったとしても数銘柄しかありません。徳山さんの言われている安い銘柄とは、銘柄毎に判断基準が異なるのでしょうか?それとも日経平均に対して安ければ、前日比でマイナスでなかったりしても安いと判断するのでしょうか?

別ブログでまとめているトレード結果にある決済数というのは、銘柄数のことです。日によってかなり数が違うのが分かると思いますが、相場全体が安くなっているときには仕込み銘柄が多くなりがちで、逆に全体が高いときには少なくなりがちです。当然できるだけ平準化したいので前者のときには条件を厳しくして、後者のときには条件を甘くして前日比マイナスでなくても小動きと判断されるものをターゲットにするのですが、この辺はまだまだ厳密なルール化ができておらずに曖昧で自分でも試行錯誤している状態です。結局はNY株に左右される面が少なくないので、自分なりに納得できる考え方を確立できればいいのでは?と考えます。

デイトレードの厳密さに対して、スイングトレードにはこれまでの経験から得られたノウハウに基づいた要素が多く、これでも随分とルール化を進めたのですが、スイングトレードの仕込みをおこなう後場は基本的にトレード好きの人間が市場の「匂い」を感じながら楽しむ趣味の世界となっています。前場と後場ではトレード場所まで変えて異質な作業をしていますが、多くの銘柄を手掛けて掘り出し物を狙うアプローチは一緒です。今日のように相場が荒れてきたときは、無理せずにデイトレードの比重を高めていけばいいと考えていますが、あいにく来週は夏休みをとることになっていて選挙直後の相場に参加できずに残念に思っています。

Pocket

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 8年間負けなし、直近1年間で2,250万円を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【6月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間550万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1つ目の映像は昨年22銘柄のIPOを獲得している柳橋が、 IPOの当選確率をあげる具体的な方法をお伝えします。 どのようにしてIPOを獲得を攻略するのか? 映像では柳橋の事例も公開されます。

【6月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で41万円の利益を上げたセカンダリー戦略」
2つ目の映像は柳橋が最も得意としているIPOのセカンダリーについて 上場当日に実践できる投資手法をそれぞれお伝え致します。 IPOセカンダリーを習得すればIPOに当選しなくても利益をあげられます。 柳橋の事例も含めてご紹介致しますので必見の内容です。

【6月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「需給を利用して113万円の利益を上げたセカンダリー投資法」
3つ目の映像は柳橋式IPO投資法の中からセカンダリーの方法を 2つご紹介致します。業績の見直しに注目する投資手法と、 需給に注目する投資手法です。それぞれ手法を身につけることで IPOセカンダリーの収益機会が格段に増えます。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*