質問への回答です

Pocket

対象銘柄は四季報CDROMでスクリーニング抽出できますが、銘柄入れ替えはどのようなルール、頻度で行えばよいのでしょうか。出来高でのスクリーニング結果では東証1部で数百銘柄抽出されました。

同様の質問をしばしばいただくのですが、結論から申し上げますと特に明確なルールは決めていません。実際、私はふたつの両極端な入れ替えルールが並存しています。

ひとつはお気に入り銘柄を並べて上場廃止や極端な人気化などがない限り殆ど入れ替えることのない「固定式」で、もう一つは前日出来高を中心に毎日プログラムで機械的に銘柄を入れ替える「可変式」と呼んでいます。

現在運用している自動売買システムは#1~#4まであって(手動エントリーも実際にはEXCELに銘柄コードを入力して自動で一括発注しているので#5扱いです)、異なるパソコン・異なる証券会社を使ってそれぞれのEXCELブックから同じ時間帯に一斉に動かしているのですが、固定型・可変型それぞれ二つずつ採用して出来るだけ幅広い銘柄にエントリーできるように工夫しています。

固定式は過去に何度も手掛けていて相性の良い銘柄が残っているので、動きの特徴などがなんとなく頭に入っており安心感があります。但し出来高が上限や下限を超えても基本的に残しているので、あまり度が過ぎると出来高が多すぎて値動きが荒くなったり、逆に少なすぎて板が閑散としすぎて流動性の問題が出かねないといった注意点があります。あまりひどい場合は失敗を機に入れ替えることもあります。

一方、可変式は毎日機械的に銘柄を入れ替えるので前日出来高の条件など決められた条件はきっちり満たしているのですが、慣れない銘柄が並んだりする注意点があります。また出来高は過去の移動平均を算出するような面倒なことはしていないので、意外な銘柄が入ってくることもあるのですが割り切っています。

つまりあまり厳密な条件を設定せずに、多くの銘柄に広く薄くエントリーすることでトータルで安定した成績を目指すというのが基本的な考え方となっています。

Pocket

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 8年間負けなし、直近1年間で2,250万円を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【6月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間550万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1つ目の映像は昨年22銘柄のIPOを獲得している柳橋が、 IPOの当選確率をあげる具体的な方法をお伝えします。 どのようにしてIPOを獲得を攻略するのか? 映像では柳橋の事例も公開されます。

【6月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で41万円の利益を上げたセカンダリー戦略」
2つ目の映像は柳橋が最も得意としているIPOのセカンダリーについて 上場当日に実践できる投資手法をそれぞれお伝え致します。 IPOセカンダリーを習得すればIPOに当選しなくても利益をあげられます。 柳橋の事例も含めてご紹介致しますので必見の内容です。

【6月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「需給を利用して113万円の利益を上げたセカンダリー投資法」
3つ目の映像は柳橋式IPO投資法の中からセカンダリーの方法を 2つご紹介致します。業績の見直しに注目する投資手法と、 需給に注目する投資手法です。それぞれ手法を身につけることで IPOセカンダリーの収益機会が格段に増えます。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*