ジョインベスト証券が手数料値上げへ

Pocket

ジョインベスト証券は以前の記事<現在利用中のオンライン証券と手数料水準>で書いた通り現時点で私が主力で使っている証券会社で、デイトレにもスイングにも大活躍で利益の軽く半分以上を稼ぎ出しています。そのジョインベスト証券が6月30日より逆指値をはじめとする各種条件付注文を導入するのに合わせて取引手数料の一部見直しを発表しています。

https://www.joinvest.jp/announce/2008/0613/commission.html

最初は軽く読んでいたのですが、実は私にとって大きな影響があることが分かりショックを受けています。具体的には私は信用取引を利用して1日の売買代金総額によって手数料が決まる「まとめてプラン」を利用しています。1日の売買代金は通常1000万円未満でたまに超えることがある程度なのですが、現状の手数料は前者が900円、後者(売買代金5000万円まで)が1800円です。

これが6月30日以降は100万円までの低額の手数料は変わらないものの、以降は+100万円ごとに420円加算されるということです。つまり売買代金900~1000万円だと4280円ということで大幅な値上げとなってしまい、ちょっと簡単には受け入れがたい内容です。

こうなると他社への資金移動を考えざるを得ないところですが、現在私が口座を開設している証券会社で候補となるのはSBIイー・トレード証券(7/1よりSBI証券)と、クリック証券(旧GMOインターネット証券)です。ただどちらもジョインベスト証券の手数料体系を意識したものと思われるため、これらの会社についてもいずれジョインベスト証券に追随するのではないかと心配しており、もしそうなると取引コストの大幅アップは避けられません。1990年代後半にオンライントレードを開始してこれまでは値下りする一方の手数料メリットを享受してきましたが、曲がり角にさしかかっているのかもしれません。

(6/28追記)その後の対応についてオンライン証券各社の資金配分見直しを参照

Pocket

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 8年間負けなし、直近1年間で2,250万円を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【6月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間550万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1つ目の映像は昨年22銘柄のIPOを獲得している柳橋が、 IPOの当選確率をあげる具体的な方法をお伝えします。 どのようにしてIPOを獲得を攻略するのか? 映像では柳橋の事例も公開されます。

【6月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で41万円の利益を上げたセカンダリー戦略」
2つ目の映像は柳橋が最も得意としているIPOのセカンダリーについて 上場当日に実践できる投資手法をそれぞれお伝え致します。 IPOセカンダリーを習得すればIPOに当選しなくても利益をあげられます。 柳橋の事例も含めてご紹介致しますので必見の内容です。

【6月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「需給を利用して113万円の利益を上げたセカンダリー投資法」
3つ目の映像は柳橋式IPO投資法の中からセカンダリーの方法を 2つご紹介致します。業績の見直しに注目する投資手法と、 需給に注目する投資手法です。それぞれ手法を身につけることで IPOセカンダリーの収益機会が格段に増えます。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*