本日のトレード成績&雑感(3/10)

Pocket

3/10成績
スイング:投資金額 1362万円、損益金額 4.6万円
(利益率 0.3%、18勝 23敗、勝率43%)
デイトレ:投資金額 297万円、損益金額 1.2万円
(利益率 0.4%、10勝 7敗、勝率58%)
先物OP:投資金額 141万円、損益金額 -0.2万円
(利益率 -0.2%、0勝 1敗、勝率0%)

3月累計
スイング:投資金額 4571万円、損益金額 34.4万円
(利益率 0.7%、81勝 56敗、勝率59%)
デイトレ:投資金額 2245万円、損益金額 14.1万円
(利益率 0.6%、86勝 40敗、勝率68%)
先物OP:投資金額 582万円、損益金額 5.1万円
(利益率 0.8%、2勝 3敗、勝率40%)

<コメント>
昨日の後場はいい感触で仕込みを進めていたのに、引け際にひっくり返されてしまった。頼みのNY市場もマイナスで今朝は7000割れでのスタートは必至の状況と思われたが、意外にも7000オーバーで始まった。

指数を必死に支えているのか、個別は売り物がちで持ち越し決済は何とかプラスを確保できたが、どちらに転んでもおかしくなかった。一方でミニ先物決済はまさかのマイナスで、売り中心にはいったデイトレもなかなか下げない展開に諦めざるを得なかった。

いただいた質問の中で、持ち越し投資金額をどう決定しているかというものが多いです。買いのみとする理由についてはセミナーDVDで説明している通りですが、金額についてはザラ場の指数の強弱感を中心に考えています。つまり後場寄りから13:00頃までに打診しておいて、強ければ引けにかけて強気で買い増す一方で、弱ければ引けで打診と同程度買い増すような感覚です。

厳密なルールはなく、前述の強弱感や自分の都合(外出予定や月間累計投資額の進捗状況)を勘案して決めています。また投資金額を大きく伸ばした翌日は調子に乗ってやられるのを防ぐ目的で投資金額を落とす「勝ち逃げルール」なるのもあります。投資額の多少と翌日の決済成績を左右するNY市場の動向はなかなか合致しませんし、昨日のように強気で買い増したのに最後で梯子を外されたりもしますが、めげずに何度も何度も挑んで滅多にないチャンスをつかもうとしています。

Pocket

IPOが当たらなくても儲かる柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中!                          

slide1 8年間負けなし、直近1年間で2,250万円を稼ぎだした柳橋式IPO投資法を期間限定で公開中です。

【6月9日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「年間550万円の利益!IPOの当選確率を大幅にあげるテクニック」
1つ目の映像は昨年22銘柄のIPOを獲得している柳橋が、 IPOの当選確率をあげる具体的な方法をお伝えします。 どのようにしてIPOを獲得を攻略するのか? 映像では柳橋の事例も公開されます。

【6月13日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「たった1日で41万円の利益を上げたセカンダリー戦略」
2つ目の映像は柳橋が最も得意としているIPOのセカンダリーについて 上場当日に実践できる投資手法をそれぞれお伝え致します。 IPOセカンダリーを習得すればIPOに当選しなくても利益をあげられます。 柳橋の事例も含めてご紹介致しますので必見の内容です。

【6月16日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「需給を利用して113万円の利益を上げたセカンダリー投資法」
3つ目の映像は柳橋式IPO投資法の中からセカンダリーの方法を 2つご紹介致します。業績の見直しに注目する投資手法と、 需給に注目する投資手法です。それぞれ手法を身につけることで IPOセカンダリーの収益機会が格段に増えます。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*