徳山秀樹の投資法

Pocket

デイトレードとスイングトレードという時間軸が異なる2つの投資方法を併用する。

デイトレードについては、ほぼ寄り付きから30分以内にエントリーし大半の決済を午前中に終えるスタイルをとる。

主に先物の動きを見て出遅れ銘柄を逆張りし、市場平均との短期的な乖離(サヤ)を狙う方法を用いています。

また、スイングトレードは、一般的に知られるスイングトレードとは違い、数日から数週間保有するわけではなく、
翌日に全て返済するというオーバーナイト型のトレードスタイルをとる。

仕掛けについては、後場に入ってから、先物の動きを見て出遅れ銘柄を逆張りし、市場平均との短期的な乖離(サヤ)を狙う。

徳山氏はこの2つの方法を組み合わせ、リスクを著しく押さえて安定的な投資の実現に成功している。

徳山秀樹の投資手法の詳細はこちら

その他の講師の投資法の紹介はこちら

Pocket